熊本の太陽光発電のご相談なら、ソーラーフロンティア 正規販売店アステクスへ

公的支援制度

公的支援制度とは、公共・産業用太陽光発電システムに対して国が積極的な太陽光発電システム導入のため税制優遇制度によって支援を行う制度です。

全量買取制度

全量買取制度とは、太陽光発電でつくられた電気のすべてを電力会社などに買い取ってもらう仕組みです。
自社消費分とは無関係に発電した電気は売電。自社で消費する電力は常に電力会社から購入します。売電価格が高く、買い取り価格が安くすむほど太陽光発電から得られるメリットは大きくなっていきます。

国が実施する太陽光発電補助金(平成25年度)

住宅に太陽光発電システムを設置しようとする個人、法人、または区分所有法で規定する管理者が対象。1kWあたりのシステム単価(補助対象経費)が50万円以下である必要がある。補助上限は9.99kW。太陽電池モジュール・パワーコンディショナは中古品不可。

平成25年度分の予算に到達次第、締め切る可能性がある。

■申請期間:2013年4月17日(水)~2014年3月31日(月)
■補助金額:※下記表を参照

固定資産税の軽減措置

【対象】
固定価格買取制度の認定を受けて取得された太陽光発電設備
※住宅等太陽光発電設備(低圧かつ10kW未満)を除く。

【スキーム】
対象設備について新たに固定資産税が課せられることとなった年度から3年度分の固定資産税に限り、課税標準を、課税標準となるべき価格の2/3に軽減する。

【適用期間】
平成26年3月31日まで