熊本の太陽光発電のご相談なら、ソーラーフロンティア 正規販売店アステクスへ

太陽光の仕組み導入メリット

太陽電池を設置する場合、おおよそ太陽電池容量を10倍した数値が必要な面積(m2)となります。例えば、10kWシステムを設置する場合は、約100m2の面積が必要です。

1、売電で太陽光発電に投資する

アパートマンションオーナー様がご利用いただける特殊な太陽光発電の投資方法です。
管理されているアパートマンションに太陽光パネルを設置することで、電力の大半を電気会社に売電し現金収入を得ることが出来ます。

原発事故以来、日本でも再生可能エネルギーに関する関心は高まる一方です。その中でも太陽光発電は特に広く認知されています。

この分野は国が推進する事業のひとつで
「電力の高い買取価格の義務付け」「税制面での優遇」など
国の政策の中でプロジェクトが進んでいます。これを上手に活用することで、太陽光に投資して利益を出していくことが可能になります。
20年間の期限がありますが、早めのご成約でより利益を上げることが
出来ると言われています。

最近では貯金をしても、利子で儲かるなんてことはまずありません。

しかし、太陽光発電であれば、国の後押しもあり実質的な利回りが見込めます。

また、産業用に広大な土地を活かして、出力1メガワット(1000キロワット)以上のメガソーラーと呼ばれるような大規模な太陽光発電所を建設した場合は、売電によりより多くの利益を得られる可能性があります。

太陽光発電への投資は、アパート経営におけるデメリットの解消にも繋がります。

安定的な収入があるため、
空き部屋による大幅な収入減の危険性を減らせる。

・定期点検が殆ど必要ないので、
運営コストを抑えることができる

・太陽光発電をして他のアパートとの差別化を
図ることが出来る。

・アパートの運営は実質的な利回りでいけば
5%程度であるのに比べて、太陽光発電は8~10%

しかし、この制度は20年間後には無くなってしまいます

太陽光パネルの寿命が30年程といわれている中、
この制度で最大限に利益を出すには早めのご成約がお勧めです。

2、CO2を排出しない太陽光発電で地球環境へ貢献

太陽光発電に代表される「再生可能エネルギー」は社会制度化しています。
太陽光発電を設置しない世帯、もしくは賃貸住宅にお住みのような発電設備を設置できない環境の方々
こういった皆さまへは毎月「再エネ賦課金」として200円から300円程度のご負担がすでに生じています。

3、広告宣伝効果

近年では、環境保全に取り組むことは、企業の社会的責任(CSR)となりつつあります。太陽光発電の導入は、”目に見える”環境対策。企業広報に活用し て、企業のブランドイメージ向上に役立てることが可能です。また社内的にも、従業員の環境意識や節電への関心を高める、災害時の電力確保などのメリットも あります。

4、災害時などの非常電源が確保できます

電力の安定供給体制が揺らいでいる中、災害・計画停電などによって停電が起こった場合でも、太陽光が発電している中で電力を使用し、事業活動を全停止することが防げます。
また、蓄電池との併用で昼夜を問わず電力を確保することもできます。

5、環境保護意識が高まります
6、法制度や税制面での優遇があります

環境保全に関わる法制度や税制面・助成制度などの優遇措置があり、売電による収益化を早める施策が数多く整備されています。