熊本の太陽光発電のご相談なら、ソーラーフロンティア 正規販売店アステクスへ

導入メリット

1.光熱費を抑えられます

自宅で電気を発電することになるため、電気料金を大幅にダウンさせることができます。
さらにオール電化と組み合わせれば、より効率的に電気を活用できるようになり、その結果、ガス料金が必要なくなりますから、光熱費を大幅に節約できます。

2. 余剰電力で売電収入が得られます

ご家庭で使用する電気を賄えるのはもちろん、ご家庭で余った電気は「売る」ことが
できます。
太陽光発電システムは、文字通り太陽の光を使って電気をつくるシステム。
発電できない夜間や雨・曇りなど発電量が少ない時は、従来通り電力会社から電気を「買う」のですが、逆に日中で発電量が多い時は、余った分の電気を「売る」ことができるのです。右のイメージ図の、オレンジ色の部分が「売れる」部分になります。

3. 節電意識が高まります

表示モニタをみることで、消費や買電がわかり、節電意識が高まります。もちろん、お子さんも興味を示します。
電気の使用量を気にした結果、こまめにスイッチを抜いたり、電気の使用をコントロールしたり使用する時間帯を考えるなどして、使用電力が減ったり、単価が下がったりして、電気代が節約されます。
「発電」「売電」も大きなメリットですが、「節電意識の高まり」も太陽光圧電の大きなメリットです。

4. 停電時・災害時にも電気が使えます

太陽光発電は自家発電ですので、地震や台風などの自然災害による停電時にも、太陽が出ている昼間なら、発電した電力を利用できます。
ただし、太陽光発電システム自体も電気で動いてますので、他の家庭と同様に一度は停電しますが、その後、パワーコンディショナ付近にある非常用コンセントを利用して、最大1500kWまで
電力を利用できます。
そのためエアコンなどの電気消費量が多い家電製品は使用できません。
また数多くの家電製品を同時に使用することも難しいといわれています。

5.断熱効果も期待大

太陽光発電システムに使用するソーラーパネルが屋根に設置されることによって、ソーラーパネルが断熱効果を発揮します。
夏は70度まで上がる屋根を約20度まで下げることができます。
夏は屋根への直射日光を遮ってより涼しく、冬は外部への放熱を抑えてより暖かく過ごせるようになります。
その結果、エアコンの使用率が減り、さらなる節電にもつながります。